社員教員のノウハウ教えます!

社員教育は二、三日連続で行う方が効果的

社員教育とは、一種の緊張状態を引き起こしてしまう事もあります。緊張状態の長さによっては、記憶に刻むこむ効果にも違いが現れて来る事もあるのです。例えば極端な話しですが、鳥に糞を落とされそうになった場合、一時的な内容であれば、直ぐに忘れ去られる事もよくあります。立て続けに二、三日続けば、それは、1ヶ月ほど忘れずに覚えている事もあります。
実は、これは、睡眠と記憶との関係が深いと言われているのです。私達の記憶は、睡眠時に整理を行っていると言われています。その中には、必要な情報と不必要な情報を分けているとも言われています。頻繁に現れる記憶は、重要な情報だと判断を行い、より引き出し易い領域に記憶を入れ替えているとも言われているのです。つまり、社員教育を行う場合は、一日のみで行うよりは、数日にかけて連続で行う方が効果的と言えるのです。

動画を扱った社員教育が効果的

一般的な社員教育の多くは、ホワイトボードを扱い、講師を招いて聞くだけのスタイルです。一般的な様々な教育におけるスタイルも、この様な姿を多く取り入れています。人は、静止している内容よりも、動きのある内容によりよく注意を払う本能を持ち合わせています。その主な理由は、動きのある内容は、自身に危害を加える可能性が高まるためです。つまり、動きのある内容は、軽い興奮状態を引き出し記憶力を高める事が可能です。早く外国語を覚える方法の一つに、外国人の恋人を作る方法があります。外国人は人であり、様々な動きを作り出す事によって、記憶し易い環境を作り出す事が出来るためです。
社員教育も同じく、講師は出来るだけ、大きな動きを自ら意識をして振る舞う事が大切です。又、出来るだけ動きのある動画を取り入れて行くのもポイントです。小学校での人気の高い先生の多くは、このポイントをつかみ取り、子供達から人気を集めている事もよくある話しです。

© Copyright Train Your Mind. All Rights Reserved.